親友たちからのサプライズ

結婚が決まった当時、二人とも貯金も少なく資金不足だったため、式と披露宴は身内と親友のみ、その後友人達の前では人前式風の二次会をすることにし、披露宴にも呼んだ親友メンバーに幹事さんになってもらいました。

 

会場や音楽等できる手配はすべてしましたが、式の準備もあったので、小物類の手配等は相談しながら、また、当日の進行等を親友たちに全てまかせました。
その際、私の提案で何か新郎にサプライズしたい、とこっそり相談したところ、家族からのビデオレターと一緒にみんなで歌を歌うのはどうか、という提案が。
実は新郎は昔やんちゃだったので、親と色々うまくいかなくて若い時に家を出てから疎遠になっていたのです。

 

結婚のご挨拶の時に結婚をとても喜んでいて、本当に親から愛されているなぁと感じたのですが、なかなか伝わらなくて気になっていたのもあり、是非お願いすることに。

 

そして当日。

 

式も無事終え、二次会も後半に差し掛かったところ、ここで映像がありますと司会者が。

 

二人でびっくりして(私はしたふり)いると、私と新郎の小さいころからの今までのメモリー写真の映像が!

 

これには私もびっくりし、最後に新郎の親からのメッセージとともにみんなが大合唱してくれてウルウルしていたところ、司会者がまだ続けるのです。

 

二人の親御さんから手紙をあずかってきました、と。

 

実は私の母親は数年前に他界しており、父親が再婚した直後だったので、披露宴では両親への手紙は読まなかったのですが、まさか自分がもらう側になるとは思いませんでした。

 

父親からの手紙を私の親友の一人が読んでくれました。
何度も何度も読む練習をしてくれたらしく、声を震わせて、涙をこらえながら父が私が生まれてから今までどう感じ、母親が亡くなってから誰にもみせていなかったはずの私の迷いをずっと見守ってきていてくれたこと。

義母さんからの手紙を新郎の親友が読んでくれました。
今までどう育ててきて、家を出る決意を受け入れ、出てからの思い、そして今笑顔でいることへの感謝・・・。

 

私も、普段泣かない新郎も、二人で泣きました。
会場中、スタッフさんまで、全員号泣状態でした。
こんなにいいお式今までで一番かも!と言ってくれた友人もいました。
手紙をもらう側が普通とは逆ですが、普段知らない親の気持ち、自分が愛されていたんだという気持ちを知れる素敵なきっかけだったと思います。

 

また、私たちにぴったりだったそんな素敵な企画を考えてくれた親友、一緒に泣いてくれた友人がいる自分達が本当に幸せだと思える一日でした。