私の理想の結婚式のサプライズ演出

会社の先輩が結婚する時にサプライズのお祝いをしたことがあります。
歌を歌ったり、ありきたりなスピーチではつまらないと思ったのがきっかけでした。
私達がしたサプライズはとても完成度が高かったと思います。航空会社に勤めていたので何か会社に関連づけた面白いことをしようと思いました。まず普段着ている制服にヘルメット姿で登場。古くから会社に伝わる結婚式のお祝いの言葉というものがあり、それに更に手を加えておもしろおかしく演出しました。演劇のように展開していったので会場のお客様や新郎新婦の二人もかなり楽しんでくれていたようです。

 

もともと引っ込み思案で恥ずかしがり屋だったりプライドが高かったりというメンバーでやったので先輩は本当に驚いてくれていました。会場はとても湧いて、式場の人達からも大絶賛でした。自分もそんなサプライズを結婚式でやってもらいたいと思いましたがそんなことをやってくれる友人がいるか分かりません。ましてやもういい歳なのであまり派手なこともしてほしくありません。

 

それでも私が理想とするサプライズ演出というものはきちんとあります。
わがままを許してくれるならやっぱり演劇のような展開をしてゆくのが好きで、それを私のこれまでの人生で表現してもらいたいのです。

 

壮大なストーリーのようになってしまいそうですが、一度でいいから他人がやってくれる自分の人生というものを、客観的にみてみたいのです。
こんなことをしてもらうなんてことはまずありません。だからまさに結婚式だからこそのサプライズ演出としてやってくれたらとても幸せです。

 

そしてこんなサプライズを受けた私はこれまでの自分の人生を振り返り号泣、これまで育ててくれた両親に感謝し、こんな私を受け入れてくれる旦那さんに感謝して嫁ぐことができるような気がします。

 

結婚式はしないという人が増えている今、典型的な明るく素敵なサプライズ演出というものはとても大事だと思います。お祝いはやはり派手にやったほうが良いです。